ミュージシャン必見!優良音楽情報サイト6選

こんばんは!たけしゃん(@_tkshan)です!

本日は音楽情報サイト特集です。
今や、何でもインターネットで情報収集できる時代ですが、どこのサイトを見たらよいかわからないもんです。
そこで、僕がよく見ているサイトを紹介していきましょう。

1. Musicman-NET

音楽業界総合情報サイト | Musicman-NET
さて、1番目は知っている方も多いでしょう。Musicman-NETです。

Musicman-NETは、音楽業界人・音楽業界を目指す人のための音楽ビジネス、求人、就職、転職情報サイトです。

本当にこの通りですね。
一番使う場面が多いのはオーディション情報の収集か音楽系の業種の就職活動時ではないでしょうか。

音楽情報系の記事もありますが、ここだけでは足りないかもしれません。
後述するサイトも参考にしたほうがよいでしょう。

逆に大手・中堅のオーディション情報であればMusicman-NETだけ確認していれば十分でしょう。それだけの情報量です。

デモ音源ができてレコード会社に送るぞ!というところまできたら、送り先はMusicman-NETで探すというパターンの方は多いでしょう。

また、「音楽系のアルバイトをしたい」「音楽系の就職先を探したい」
そんな方にもMusicman-NETがおすすめです。ハローワークに行ったり、求人誌を見るよりも情報量があるでしょう。

ただし、音楽系の仕事は給与水準が非常に低い仕事ばかりです。そのあたりは覚悟してお金以外に有益なものが得られるかを考えたほうがよいでしょう。

2. ナタリー

ナタリー – ポップカルチャーのニュースサイト
2つめはナタリーです。
先ほどのMusicman-NETとは異なり、プレイヤーではなくリスナー向きのポータルサイトです。

旬な音楽情報が手に入ります。ミュージシャンなるもの、時代の流れを掴んでいなければいけません。

僕もちょこちょこ見てますが、日ごろからニュースをチェックするような感覚で見ています。
みなさん朝に新聞読んだり、ニュース番組見たり、ネットニュース見たりするでしょ。

そんな感覚です。記事を読んで気になったアーティストチェックして…という流れですかね。
マイナーなミュージシャン情報も載っているところもオススメです。

3. WIRED

WIRED.jp
3番目はWIREDです。これまでのサイトよりは知名度が下がるのでしょうか。

このサイトは音楽情報サイト…というよりはデジタル情報サイトというほうがしっくり来ます。別に音楽専門サイトではありません。

ただ、このサイトの「music」にカテゴライズされているインタビュー記事は非常にためになります。

打ち込みやデジタル音楽の今後について記事が多いので、ナタリーに比べるとポップではありません。クリエイター向けの記事という感じがしますね。リスナーの方が読んでも面白いものではない記事が多いのも、このサイトの面白いところです。

4. All Digital Music

続いて、All Digital Musicです。こちらは画像表示ができないのでリンクだけ。

All Digital Music

まず、驚いたんですけど、このサイトって個人ブログなんですね。凄すぎるわ。

普通に他の音楽情報を取り扱うポータルサイトと張り合えるだけの情報密度の高さ。
完全にプロの犯行にしか見えません。まあ、プロなのか。

で。話を戻しまして、このサイトは3番目のWIREDに近いデジタル音楽に関するブログです。
デジタル音楽の最先端の情報を分析、紹介してくれています。

僕が特に好んで読んでいるのは音楽配信事業についての記事です。Spotifyを初めとした新世代音楽配信サービスを取り上げ、分析し、今後の日本の音楽シーンはどうなっていくのか考察された記事を読むのが好きです。

また、世界の状況も一緒に添えて分析してくれるので、他国の状況などもわかって面白いですね。
時代に乗り遅れないように今後もチェックしていきます。

5. BARKS

BARKS コンサート・ライブ・アルバム・新曲の音楽情報サイト
5番目はBARKSです!これは人それぞれですが、僕はBARKSはライブレポート専用的な感じで使っています。

ライブレポートがたくさん上がるので、興味があるミュージシャンのレポートが上がると読んでいます。
レポート上ではライブの様子や新しい取り組みなどが書かれているので面白いですよ。

例えば、「今回の弾き語りツアーでは新たにループマシーンを導入し…」とか機材や楽曲のチャレンジした部分についても言及してくれるので、ファンとしてもプレイヤーとしても読んでいて価値があると思います。

6.  STUDIO RAG

スタジオラグへおこしやす – バンド・音楽・楽器のお役立ちWebマガジン
最後はSTUDIO RAGです。
京都にあるスタジオなんですが、そこのWebマガジンの充実っぷりが半端ではない(笑)

基本的なことから、応用編までありとあらゆるノウハウが惜しげもなく載っています。
書いているのはスタジオの店員さんでしょうか。

各楽器について、たくさん書いてあり、バンドをやる人に非常にオススメなサイトですが、弾き語りをやる人にも有益な情報は多いです。

しかし、ただのリハーサルスタジオなのに凄いな。
これ始めた人のチャレンジ精神には頭が下がるね。ほんと。

最後に

さて、いかがだったでしょうか。知っているサイトもあれば知らなかったサイトもあったのではないでしょうか。

以前は音楽情報のポータルサイトなんて大した数なかったので、見るところは自然と限られていました。
とりあえず、Musicman-NET見とけばいいだろ的な。

しかし、今は良くも悪くも乱立していると言っていいほど、サイトがいっぱいあります。
よく見ると、ポータルサイトといっても色合いが分かれており、得意分野も違ったりします。

僕も複数サイトでそれぞれ、活用方法を分けていますが、ご自身に合ったやり方で情報整理するとよいでしょう。

今や、Twiiterなどをやっていれば自然と音楽記事に辿り着けてしまうので、こういったサイトに直接訪問する機会は減っていますが、やはり自分から能動的に音楽情報を探す人は情報を得るのが早く、活用の仕方も上手いです。

今回の記事を参考に今後の情報収集に取り組んでいただけると幸いです。

ABOUTこの記事をかいた人

たけしゃん

アコースティックギターによる弾き語りを中心に音楽を愛するアラサーのサラリーマン。20代はギターを片手にシンガーソングライターとして東京都内で音楽活動に精励。
30代になって音楽と仕事(サラリーマン)の両立を模索中。