2本目のアコースティックギターを買う際の選び方

ギター

「そろそろ良いギターに買い替えたいけど、どれがいいのかな?」

 

最初にギターを買って何年か経つ。

基本的な弾き方はマスターして、演奏できる曲数も増えてきた。

そろそろ、人前で演奏することも考えて、良いギターが欲しい。

そう考えるようになったら、初心者用ギターを卒業する頃合いです。

 

2本目のギター選びは凄く重要。

何故なら、2本目は長年の付き合いになる可能性が非常に高いギターだからです。

そして、プロを目指す人にとって2本目のギターはデビューするまでの道のりを共にするギターと言えます。

 

さて、そんな重要な2本目のギター。

どうやって選ぶのが良いかを考えていきましょう。

2本目を買うタイミング

まずは2本目のギターを買うタイミングについて。

そんなに深く考えることもなく、欲しいタイミングで買えば良い。

特に1本目が壊れちゃった場合やアコギを買ったけどエレアコが欲しい場合などは深く考える必要は全くない。

 

ここでは自分で買うタイミングを選べる人向けに2本目を買う前にやっておくとよいことをご紹介していきます。

1本目を弾き倒そう

2本目のギター選びで失敗しないための最大のコツ。

それは1本目のギターを弾き倒すことです。

低価格帯のギターを使っていると、弾けば弾くほどギターに対しての不満が出てきます。

その不満こそが、2本目のギター選びを成功するためのポイントになるのです。

  • 弾き辛い
  • 音がペラペラ
  • 憧れのミュージシャンの音と違う

などなど。

特に「憧れのミュージシャンの音と比べる」というのは大事。

2本目のギターは予算をかけて10万円以上するプロ並みのギターが欲しくなるもの。

そんな時に、自分が求めるギターの音というものがあるかないかでは失敗する確率が大きく変わってきます。

憧れのミュージシャンのアコギの音をしっかり聴いて、自分のギターと比べてみましょう。

 

僕は1本目に高いギター買うことはおすすめしてません。

理由は1本目を買う時点では「自分が求めるギターの音」がわからないからです。

 

2本目を買う時にはギターの音や弾きやすさについて実際に弾いて勉強して理解することで、自分にとっての良いギターをちゃんと定義することが重要です。

今後の音楽活動を考えよう

2本目のギターを買う時には結構弾けるようになっているはず。

人前での音楽活動も積極的にやっていこうと考える人も多数いるでしょう。

例えば…。

  • 路上ライブでアンプを使う
  • ライブハウスでライブをする
  • 自宅でライブ配信するだけ
  • バンドを組んで活動する
  • ソロギターをやる

こんなところでしょうか。

初めてギターを買った時にはぼんやり考えていたことが明確になっているでしょう。

2本目のギターでは自身の音楽活動をこなせるギターを選択しましょう。

 

基本的にアマチュアでレコーディング用とライブ用を分けるほど、予算を立てられる人は少ないはず。

だから、ライブ・レコーディング兼用で考えるとよいでしょう。

そうすると、エレアコにしたほうが良いことが多いです。

そのエレアコ自体もバンドなのか、弾き語りなのか、ソロギターなのかで選択するピックアップも変わってきます。

【参考記事】アコギ用ピックアップの選び方~種類別に定番製品を解説check

 

また、ストラップピンについてもギターボディの背面についていたほうがライブ時は楽です。

画像のこれ。裏面についてることが多いです。

古いギターほどついていません。

ライブ使用であれば、初めからついているギターを選ぶか、購入後に有料で取付てもらいましょう。

 

ポイント別解説

それでは具体的にギター選びをする際のポイントを解説していきます。

そんなに1本目の時と変わるわけではありません。

前提として違うのは1本目を買う時と比べてギターの使用用途や活動幅が明確化されているというところです。

今回抑えるべきポイントとして設定するのは下記の点です。

Point

  • 価格帯
  • ピックアップの選択
  • ギターの形状
  • ギターの音質
  • ギターのキャラクター性
  • 弾きやすさ

それでは一つずつ掘り下げていきます。

価格帯

まずは価格帯から。

ここではある程度のギターを買うことを前提とします。

低価格帯(10万円未満)のギターを購入しようと思っている人は下記の記事を参照してください。

【参考記事】初心者が初めてアコースティックギターを購入する際の選び方check

 

今回、ご紹介する価格帯は下記の3つ。

この3パターンを少し掘り下げていきます。

中価格帯(10~20万円前後)

国産メーカーの上位モデルとMartin、Gibsonといった海外メーカーの下位モデルが存在する価格帯です。

この価格帯だと、国産メーカーの上位モデルと一部海外モデルのギターが有力な選択肢となります。

有力になるところとしては…。

  • K.Yairi
  • YAMAHA
  • Takamine
  • Taylor 200番シリーズ
  • Cole Clark

このあたりかな。

もちろん、これ以外でも良いギターありますよ。

国産のK.YairiやTakamineは10万円台の選択肢は豊富。

YAMAHAも結構ありますが、大石昌良さんが使用している「LS36」とかは20万後半~30万前半くらいします。

 

下のTaylorとCole Clarkは海外メーカー。

Taylorは200番台までが10万円台で買えます。300番からは20万以上します。

Cole Clarkも20万円台が多いものの、ギリギリ10万円台で売られているギターも中々良いです。

Taylor、Cole Clark共に言えるのはこのクラスはエレアコとして非常に優秀。生音はややしょぼい。

だから、エレアコとしてメインで使うなら良いですが生音で演奏するのが中心な人は他の選択肢にしましょう。

中~高価格帯(20~30万円程度)

続いて、少し上がって20~30万円台。

こちらは有名メーカーの上位モデル(新品)が多く登場する価格帯。

例えば、「Gibson J-45」や「Martin D-28」なども新品であれば手が届きます。

また、中古のヴィンテージギターでも「Gibson B-25」や「Martin D-18」などは存在する価格帯です。

 

このあたりまでくると、高価格帯と比べて大きな差があるわけではありません。

サイズ感であったり、年代であったりと…その人の趣向によります。

結構多いのが、20万円台の掘り出し物のヴィンテージギターを買ったものの、リペアや改造の費用で結局30万円超えちゃうパターンです。

中古ギターを買う時はトータルコストをちゃんと考えましょう。

【参考記事】中古vs新品!アコギを買う時はどちらが有利?check

高価格帯(30万円~)

最後は30万円以上の高価格帯のギター。

ここまでくると選択肢は非常に豊富で大抵何でも選べます。

この価格帯だとヴィンテージギターかTaylorの上位モデルが有力な選択肢です。

僕がメインで使っている「Taylor814ce」もこの価格帯です。

【参考記事】Taylor 814CEをレビュー。7年以上使い込んだ感想をお届けcheck

 

Gibson、Martinだと製造年代によって価格帯が変わるイメージ。

差はあるものの、「Gibson J-45」「Martin D-28」で大体こんなもん。

  • 1970年代 30万円台
  • 1960年代 40万円台
  • 1950年以前 50万円~

年代が古くなるにつれて高くなる。

たまに使われている木材やギターの状態で値段が前後する。

秦基博さんが使っている「Gibson J-45」は1966年製。

プロミュージシャンの方々は1960年代製のギターを使っている方が多いイメージ。

ピックアップの選択

本格的に使う人はエレアコを購入するか、改造してエレアコ化することが多いでしょう。

なので、ここではエレアコ化について解説。

まずはザックリまとめたスライドをどうぞ。

とまあ、価格別で記載するとこんな感じ。

つまり、新品は大抵が初めからエレアコ。中古はピックアップなしが多い。

最近ではGibsonやMartinでも新品はピックアップ初期装備品が多い。

 

ただ、個人的にはTaylor、Cole Clark、TakamineはともかくGibsonやMartinの初期装備ピックアップってどうなんだろうってイメージが。

結局、周りの人たちのギターを聴いても、後付けしちゃったほうが音が良いイメージがある。

 

プロミュージシャンを見ても、大体後付けで「Anthem」やら「M-factory」やら付けているイメージが強い。

ちなみに秦基博さんはほとんどのギターで「Gibson ヴィンテージギター+Anthem」という組み合わせ。

ただ、改造しないとGibsonヴィンテージギターにAnthemは載せられない。

詳しくはこちらの記事を参照ください。

【参考記事】Gibsonのビンテージギターに適したピックアップとはcheck

 

高価格帯になるほど、ピックアップ後付けが主流になっていくイメージ。

後付けする方はこちらの記事でピックアップについて詳しく書いているので参照ください。

【参考記事】アコギ用ピックアップの選び方~種類別に定番製品を解説check

 

ギターの形状

ギターの形状については大きく下記の2点を気にするべし。

  • ギターのサイズ
  • カッタウェイの有無

それでは、1つずつ解説していきます。

ギターのサイズ

色々あるものの、良く使われているものは下記のどちらか。

  • スモールサイズ
  • ドレッドノート

言い出すと細かくあるけど、スモールサイズはOOOやGibsonのスモールギター(LシリーズやB-25)として考えてます。

他にもGibsonのジャンボタイプみたいにドレッドノート型より大きいものある。

ギター通に怒られそうだけど大半は小ぶりなスモールサイズのギターか通常のドレッドノートくらいの大きさかの二択。

プロでも結構わかれる。

例えば、デビュー初期の星野源さん・スガシカオさんなどはスモールサイズの「Gibson B-25」を使っている。

また、海外ではエリック・クラプトンやジョン・メイヤーといったギターの名手も同じくスモールサイズである「Martin OOO-28」を使っている。

 

その一方で、やはり「Gibson J-45」や「Martin D-28」といったドレッドノート型を使っているアーティストは多い。

 

ストローク中心で、いわゆるアコギで伴奏を弾くというタイプの方はドレッドノート型。

アコギで細かいプレイなどもする人はスモールサイズという切り分けが分かりやすい印象。

 

そして、元も子もないけどギターの名手は大抵両方持ってます(笑)

アマチュアの僕らには両方持つのは辛い。

後述するギターのキャラクター性も踏まえて考えるとよいかと思います。

カッタウェイ

カッタウェイとはこんなギター。

片方がえぐれているギター。

カッタウェイが良い人は下記のような人。

  • 高フレットを活用する人
  • カッタウェイの見た目が好きな人
  • ギタリストとしても活動する人

こんな感じ。

まあ、ギタリストとして活動する人が必ずカッタウェイである必要はない。

要は高フレットをどこまで使うかってのが重要。

 

正直、そんなに使うことない。

特にギター弾き語りの場合はほぼ使わない。

僕もギターの伴奏頼まれてソロ弾くときに楽かなぁってくらい。

見た目の好き嫌いで決めてもらって問題ないとは思います。

 

ただし、カッタウェイを選択すると高価格帯(30万円~)は一気に選択肢がなくなります。

Taylorがあるものの、ヴィンテージギター系はほぼ全滅です。

ギターの音質

一番大事そうですが、3番目の解説になりました。

ギターの音質について。

正直なところ、中価格帯以上は好みです。どれも良い音。

 

音質に関しては木材の影響力が高い。

下記の記事でかなり細かく書いているので参照していただきたい。

【参考記事】ギターって木材でそんなに音が変わるのか?木材別の特徴と代表機種を解説check

 

本記事ではザックリ書きます。

基本的に木材の組み合わせは下記の2通りが主流

他にも選択肢はたくさんあるけど、上記の2種類が定番。

②の組み合わせについては、やっぱりヴィンテージギターのほうが良く合う。

新品だと箱鳴り感がイマイチなくて迫力が足りない印象を受ける。

ただ、①のほうが値段が1割くらい高いことが多い。

 

買う前に上記の2種類の組み合わせは必ず両方弾いてみて比べてみましょう。

ギターのキャラクター性

ギターのキャラクター性って書くとなんのこっちゃってなる人も多いでしょう。

要はセルフプロデュースという観点でのギター選びを指しています。

有名ギターはギターを弾かない人も知っているくらいのインパクトです。

 

例えば、miwaさんがデビューする時には「小柄な女性 × Gibson J-45」という組み合わせをアピールしていました。

これが「小柄な女性 × 大きいギター」となると一気に主張が弱くなります。

「大きくて力強い音がするギター」の代名詞であるJ-45のイメージがmiwaさんのキャラクターとアンマッチしている事で印象強かったわけです。

 

ギターのキャラクター性と自身のキャラクターを組み合わせて考えることは大事です。

エドシーランがミニギターを使っていますが、それだけでインパクトがあります。

他にもサーフミュージックだったり、旅人みたいな人がミニギター弾いてるとイメージが合致して良いですよね。

あとはOOOなどスモールサイズのギターは何となくスマートなイメージがあります。

カラーや形やそのギターのイメージとご自身のイメージを考慮してギターを選ぶことも重要です。

弾きやすさ

最後になってしまいましたが、もちろん重要な「弾きやすさ」。

高いから弾きやすいとは限らない。だからギターは難しい。

 

弦高・フレットなどチェックするポイントは多々あります。

だけど、1本目をちゃんと弾き倒していれば弾いてみて弾きやすいものを選べばいいと思います。

弾きにくいと感じるものは大抵が何かしらに問題がある。

店員さんが「〇〇の状態が凄く良いんですよ~」って言ったところで、本人が弾いてみてしっくりこないなら止めたほうが良い。

結局、一番頼れるのは今後ずっとそのギターを使っていく自分自身の感覚です。

状態が良かろうが悪かろうが、自分がしっくりこなかったら、絶対にそのギターを好きになれません。

 

手が小さい人はGibsonのヴィンテージギターによくある「ナローネックタイプ」のギターを試してみましょう。

通常は42.9mmあるギターのネック幅ですが、ナローネックは40mm程度です。

この違いがかなり大きくて、触ってみるとナローネックのギターが欲しくなってしまいます。

 

また、ギターの弾きやすさを比べるにあたって、自分の中で「定番フレーズ」を決めておくとよいでしょう。

Point

  • F、Badd9のコードフォームは入れとく。
  • フレットも上下幅広く使う。
  • コード・単音弾き両方やる

僕はこんな感じで後はいつも同じフレーズ弾いてます。

何でかBadd9のフォームを弾いてみて違和感出る出ないがあること多いんですよね。これね。

慣れたフレーズのほうが違和感があった時に感じやすいので、試す時はある程度フレーズを決めときましょう。

まとめ

  • 1本目のギターを弾き倒すことが重要
  • 1本目のギターの不満点を基に欲しいギターを考える
  • 好きなアーティストのギターの音を良く聞いて好きなギターの音を作ろう
  • 音質や弾きやすさにプラスしてキャラクター性も考えよう

こんなとこ。

まあ、こんな考えて2本目買っても、他のギターが欲しくなったりするんですけどね。

僕はTaylor 814ceを買って大満足してますが、それでもGibsonのヴィンテージギター欲しくなります。

だけど、やっぱり2本目のギターって長い付き合いになることが多いです。

だから予算もちゃんと作って、色々弾いて回ってみるのが重要です。

 

僕は当時、秦基博さんのライブDVDを見て「こんな音が欲しい~」と思って探したんですよね。

この動画。

Gibson J-45(1966年製)をマイクで録ってます。

当時はマイクで録っていることに気づかず、エレアコで似たような音するのはないか探し回りました(笑)。

結果、今のギターは「ピエゾとマイク」のデュアル録りのものを選んでいたので、当時は今ほどわかってないなりにちゃんと音を聞いてたんだなぁと思いました。

 

そのくらい好きなアーティストがいて、聴き込んだ音があるとギター探しも楽です。

今のギターを弾き倒すと同時に色んなアーティストのギターを聴く。

そうして、自分の好きなギターの定義を作って2本目のギターを買いに行きましょう!