WordPressの有料テーマを活用してカスタマイズ時間を劇的に短縮!

こんばんは!たけしゃん(@_tkshan)です。

本日はWordPressの話。僕はPC関係は弱くはないのですが、HTMLやCSSについてはよくわかりません。

自分でWordPressのカスタマイズやってみようと思いましたが、ブログ書くだけで思った以上に時間を使うのでドーピングすることにしました。

そう…、ブログ運用を開始して2週間。早くも有料テーマに手を出しました。

やっぱり、有料テーマは使うと違うぜ…。ということで有料テーマに手を出した理由やメリットを解説していきます。

1. 有料テーマの凄さとは

まず、有料テーマを使おうと思ったきっかけです。

とりあえず、ブログを開始するにあたり、WP標準テーマの「Twenty Twelve」を使っていました。

その後、いろんな人のブログを毎日読んでいて「STINGER」を使っている方が多く、好評なので記事をたくさん書く前に乗り換えようかなと考えていました。

だがしかし、やっぱりWordPressって大変。
カスタマイズ・SEO等々を色々考えると、覚えること・やる事が多すぎる。

僕はHTMLやCSSの知識をつけたいわけでもないので、そのあたりはお金を払っていいから時間を確保しようと考えました。

1-1. 有料テーマってこんなにあんの?

そして、有料テーマと無料テーマの差を調べ始めた時に感じたこと。

有料テーマって物凄くたくさんあるのね。

本格的にブログでビジネスやろうと思うとWordpress使う人が多いですけど、やっぱり無料ブログを使う人のほうが多いと思うんですよね。

そんなニッチなジャンルでこれだけの有料テーマが用意されているとは…。

しかし、金額も様々。5,000円くらいから始まり、高いのは30,000円を超えるものまで…。やはり、高いのは企業向けが多いですね。

SEOに特化している、アフィリエイトに特化しているなど、色々な需要に応えたテーマがあるのね。そんな中、僕はデザインが非常によかった「HUMMING BIRD」を選択しました。

金額は8,000円と安くはないですが、高くもない金額でした。

デモサイトは下記のボタンからどうぞ。

1-2. 無料テーマと比べてどうなの?

すげー!と感動するレベル。

1時間くらいカスタマイズを色々といじってみましたが、既によくある人気ブログと同じクオリティのサイトになりました(笑)

カスタマイズ画面も作り込まれていて、直感でいじりやすいのが本当に助かります。

1時間いじった段階で友達に見せたら「プロのブログみたいじゃん!」と言って貰えたので、それだけ有料テーマの力は凄いと感じました。

これは8,000円したけど時給換算で考えたら圧倒的に元とれている感が。

時給換算つっても、そもそも自分ではここまでやれる気がしないレベル。やっぱ、専門家に任せる方が安くなるんだなぁ。

1-3. カスタマイズが簡単

「Twenty Twelve」で見出しの設定や色を変えるとなると、CSSシートをいじって…など初心者には敷居が高いアクションが必要になります。

しかし、「HUMMING BIRD」では管理画面から簡単に色などを変えることができます。見出しも使いやすいレイアウトなので、拘る方以外は特に変える必要はありません。

他にもショートコードなどの機能も充実しており、難しい工程なく様々な機能を使うことができます。

素晴らしいデザイン以外でも時間を有効活用できる機能がたくさんあることが何より嬉しいですね。

1-4. 見た目が一緒なブログがたくさん

僕が選んだ「HUMMING BIRD」は有料テーマの中でも定番の人気商品です。

だから、見た目が一緒なサイトがたくさん出てきます。有料テーマをそのまま使うとサイトの見た目で差別化できなくなります。

といっても、自身で作っても差別化できるほどの出来栄えにはならない。

むしろ、見た目が悪くて差別化されてしまう可能性のほうが圧倒的に高い。

記事の内容で勝負ってのが基本ですけど、今後はCTAとか活用して少しでも差別化できるように考える必要性もあるかな。

2. まとめ

  • WordPressの有料テーマって種類が豊富!
  • 有料テーマの威力は感動もの。数時間いじれば人気ブログと大差ないレベルのクオリティに!
  • カスタマイズ画面も作り込まれていて直感的にブログのカスタマイズが可能!

有料テーマ導入は間違いなく時間短縮効果があります。
特に副業でやっているサラリーマンの方であれば時間がとにかく足りないのでカスタマイズに時間かけるより、さっさと有料テーマ買っちゃったほうが良いです。

ブログで収益を…と考えると、そのうち作業時間と収益のバランスを考えざるを得ないです。8,000円は安くはないですが、普通に仕事している時間を考えるとほんの数時間分の値段です。

僕はそう考えると、デザイン性や機能性は知識がないので有料テーマに投資することでカバーし、記事を作る時間に回そうと考えました。

ただ、自身で無料テーマをカスタマイズすると、そのカスタマイズに必要となった専門知識で何本も記事が書けますし、間違いなく需要があるテーマ。

ブログの題材自体がWebマーケティング分野の人は自身でカスタマイズするのも有でしょう。

デメリット…というと見た目が似通ってしまうところですが、基本は記事の中身で勝負するから気にしなくていいかなと思っています。

さあ、これからも記事を頑張って書くぞ!

ABOUTこの記事をかいた人

たけしゃん

アコースティックギターによる弾き語りを中心に音楽を愛するアラサーのサラリーマン。20代はギターを片手にシンガーソングライターとして東京都内で音楽活動に精励。
30代になって音楽と仕事(サラリーマン)の両立を模索中。