ライブハウスで弾き語りするために知っておくべきこと

こんばんは!たけしゃん(@_tkshan)です。

ギターも上手くなってきて「ライブハウスに出てみようかなぁ」なんて思ったり、「友達のイベントに呼ばれた」など、ライブハウスに出ることになった!

ライブハウスでギター弾き語りする時ってどんな準備をすればいいんだろう…?今日はそんな、初めてライブハウスデビューしようと考えている方に向けた記事を書こうと思います。

それでは、ここからライブハウスでの演奏について書いていきます。
やっぱり、主にギターの話が多くなりますかね。
ボーカルはマイク使って歌うだけなので、そんなに書くことはないです(笑)

1. ギターはマイク?ライン?

microphone-1421745-639x840

一番最初に決めておくのはギターの音の録り方についてですね。ラインというのはギターシールドを用いてギターとアンプ(ミキサー等)をつなぐ事です。

つまり、そもそもエレアコじゃなきゃできません。エレアコの人はマイクかラインかの選択権がありますが、普通のアコギの方は必然的にマイクです。

マイクはライブハウスにマイク録りと伝えれば、それだけで後は向こうで用意してくれます。

ラインは詳しくは後述ですが共通でギターシールドが必要です。
借りれますが持参するとよいと思います。

1-1. マイクのメリット・デメリット

それではマイクとラインのメリット・デメリットを比較してみましょう。

【メリット】
  • 音が生音そのまま
  • ギターにシールドを接続しないのでシールドが抜けることを考える必要がない
  • ギター内臓のピックアップを使用しないのでシステムトラブルが起こりづらい

ぱっとこんな感じでしょうか。では掘り下げていきます。
まず、マイクのメリットはダントツで音です。他はおまけ(笑)

やっぱり、いいピックアップはいっぱいありますが、マイク録りが間違いないです。

【デメリット】
  • 固定マイクで音を拾うので動けない
  • ハウリングするので音を大きく上げられない
  • 自分で音量や音質をいじれない

続いてデメリットですが、「固定マイクで音を拾うので動けない」ところはなかなかなデメリットだったりします。

ライブパフォーマンスで動きって大事なんですよね。
間奏でのギターの動かし方とか動きひとつで演奏に説得力が出たりしますが、固定マイクだとギターを動かすと音が拾えなかったりするので、あまり動かせないです。

「ハウリングするので音を大きく上げられない」というのは、1人で弾き語りするときは問題ないので、あまり気にしなくていいです。

他に音量が大きい楽器隊がいる時はマイク録りだけではハウリングが怖くて音量確保が難しくなったりもします。バンド形態に近い場合はマイク録りはさすがに厳しいです。

「自分で音量や音質をいじれない」ところについても、最初はそんなに気にする必要ないです。

事前にセットリストと注意事項を書く紙を渡されますので、この紙にちゃんと曲調やお願い事項を記載しましょう。

特にストローク・アルペジオで音量が異なりますので、そのあたりをしっかり記載すれば音響さんが対応してくれます。

1-2. ラインのメリット・デメリット

続いてラインのメリット・デメリットです。

【メリット】
  • 動きやすい
  • ハウリングに強いことが多い
  • ギター側にコントローラがあれば手元で音量や音をいじれる

ラインについてのメリットを一つずつ掘り下げます。
やはり、ラインについてのメリットは動きやすいことですね。動きって本当に意外と大事なんです。

続いては「ハウリングに強いことが多い」です。
「ことが多い」と書いたのはピックアップの種類にもよるからです。

例えばギターの中にマイクが入っているピックアップだと、マイク録りと変わりません。
ピエゾやマグネットタイプだとマイクより強いです。

ちなみにマイクだけのピックアップは珍しいので、一般的にはマイク録りよりハウリングに強いという認識でいいでしょう。

ピックアップについては詳しくは下記の記事を参考にしてください。実際に各ピックアップを使用した際の参考動画も載せていますので違いを感じてみましょう。

アコギ用ピックアップの選び方 ~種類別に定番製品を解説~

2016.03.17

「ギター側にコントローラがあれば手元で音量や音をいじれる」はいざという時に役立ちますけど、ちゃんとリハや事前提出するセットリストを書いていればなくても問題ないです。

【デメリット】
  • 音がマイク録りには負ける
  • システムトラブルが起こりやすい

では、デメリットもいきましょう。
「音がマイク録りには負ける」のはしょうがないですね。
といっても個人的には、そんなに大きなデメリットではないです。これを気にするならピックアップに拘るのもよいと思います。

「システムトラブルが起こりやすい」というのも事前にピックアップの電池を交換しておくとか、予備シールドを用意するといった準備がされていれば、そんなに心配することはありません。

ライブ前の準備は下記記事を参考にしっかり行いましょう。

弾き語りライブの前に慌てない事前準備

2016.05.26

1-3. 結局どっちがよいの?

僕は弾き語りならラインを推します。
やっぱり動けないのは意外と辛いもんです。表現の幅も狭まります。

プロの弾き語りライブを見ても、マイク録りしている人はほとんどみません。やはり、細かいところでラインが便利なのかもしれませんね。

ちなみに僕は弾き語りをやるときはライン。
誰かのサポートでギターを弾くときはマイク録りが多いですね。

2. ギターをラインで出す際の知識

YUKA150701598457_TP_V

さて、続いてはエレアコをラインで繋いでアンプから出す際の知識です。

まず、一般的なお話ですがアコースティックギターを繋げる先は普通はギターアンプではありません。

fender-guitar-amp-1419525

これがギターアンプですね。
たぶん、こういうのに繋ぐんだろうなというイメージがあるのではないでしょうか。

ですが、実際の接続先は下のようなミキサーです。

audio-mixer-console-1315787

こっちに繋ぎます。
ライブハウスのミキサーは音響スペースに設置されています。
ステージと真逆の一番奥に設置されている事が多いです。

なのでケーブルが床の下を這ってステージ裏まで伸びてきており、ステージ上のDI(ダイレクト・ボックス)という機械に繋がってます。
僕たちはそのDIのINPUTとエレアコをシールドで接続するわけです。

DIってのはこんなの。

DI

画像はBOSSのDI-1ですが、どのライブハウスも大半これです。
業界標準といったところでしょうか。

ライブハウスにいってリハをやるときはギターアンプではなくDIの場所を聴きましょう。

なお、ギターアンプに接続する人はいます。
ただ、その場合はご自身でアコースティック用アンプを持ち込んだり、あえてエレキギターのような音を出したい等、こだわりがあるケースです。

初めてライブする方はDIからミキサー接続を選択しましょう。

3. リハーサルの準備

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

軽視してはいけないリハーサルです。
リハーサルといえば自分の確認とばかり思いがちですが、ライブハウスのスタッフのみなさん(特に音響)の確認時間でもあります。
これを忘れてはいけません。

具体的にはスタッフのみなさんはリハーサルで下記の点を主に確認します。

  • 何曲やるのか?
  • どういった曲をやるのか?
  • 曲別の演奏スタイルは?

これを見て、音量バランスや照明の照らし方など決めてメモを取っているわけです。

なので、必ずリハーサル前にセットリスト(曲順、備考を書く紙)をちゃんと書いて提出しましょう。そして、リハーサルではワンコーラスずつでいいので、書いたセットリストに沿って、やる曲を順番に1順しましょう。

たまに恥ずかしがって、本番でやらない曲を適当に弾く人がいますが、それは本番でよいパフォーマンスをする妨げになります。

照明も軽視しがちですが、大切です。
ちゃんと曲に合わせて照明を工夫してもらえるようにリハーサルでやる曲を聴いてもらいましょう。

3-1. リハーサルの順番とは

順番は事前にメールなどでライブハウスから指定されると思いますが「逆リハ」というのが一般的です。言葉のまんまで本番の逆の順番でリハを行うことです。

メリットとして最後に1番手の方がリハをやるのでリハ終了後、1番手の方はそのままセッティング終了できるということです。

ちゃんと、自分のリハーサル時間の前にライブハウスに行きましょう。
また、他の方のリハーサルを見るのもいい勉強です。

どんなことを確認しているか見てみましょう。

4. 最後に

blue-albastru-1518991-640x480

ライブハウスで実際に演奏してみると思っていたことと違うな~と感じることは多いです。

今や、ニコ生をはじめとしたライブ配信が誰でもできる時代になったので、ライブハウスでライブしようと考える人も少なくなってきました。しかし、ライブハウスでライブをやるのとライブ配信はやっぱり違うので人前で歌ってみるという経験はしたほうがよいです。

もし、ライブハウスに出てみようと思ったら、最初はいきなり、お客さんを呼んでライブするより「オープンマイク」というイベントに行ってみるとよいです。
弾き語りをメインにしているライブハウスなら、オープンマイクイベントをやっているところは多いです。

オープンマイクについては下記の記事でまとめていますので、参考にしてください。

オープンマイクに参加しよう

2016.02.27

なお、オープンマイクは「気軽に誰でも飛び入りで演奏しちゃおうぜ」という感じのイベントなので上記で書いたような「リハーサル」や「セットリスト表」などは存在しません。
本当にふらっと行ってふらっと歌う。そんなイベントです。

どんどん、デジタル化して家で何でもできてしまうようになりましたが、やはりお客さんを目の前に演奏すると違います。
その場の空気だったり、練習の成果を見せる満足感だったり。日ごろの練習にも力が入るようになります。

しっかり準備して勇気を出してライブハウスに行ってみましょう!

こちらの記事もよければどうぞ。ライブハウスで飛び交う用語について解説していますので、本記事と合わせて読んでおけばバッチリです。

ギター弾き語りが覚えるべきライブハウス用語を解説!

2016.12.06

【まとめ】ライブハウスに出演する前に読むべき当ブログ記事10本

2017.03.11

ABOUTこの記事をかいた人

たけしゃん

アコースティックギターによる弾き語りを中心に音楽を愛するアラサーのサラリーマン。20代はギターを片手にシンガーソングライターとして東京都内で音楽活動に精励。
30代になって音楽と仕事(サラリーマン)の両立を模索中。