アコギを初めて購入する初心者におすすめのギターと選び方

ぎたすけ

ギターを買うって本当に迷うよなぁ。何がいいか全然わからないもん

たけしゃん

うんうん。初めてギターを買う時に失敗しないコツはギターの基礎知識を知ってから購入検討することだね
この記事でわかること
  • アコギの基礎知識
  • 初めてのギターを選ぶポイント
  • 予算別でのギターの特色
  • 予算別でのおすすめギター

ギターの種類

ぎたすけ

アコギとエレキとかそういった話?

たけしゃん

そうそう。その中にもまた種類があるんだよ。自分の求めているもの以外を買わないように確認しておこう

ギターには種類があり、大きくは3分類に分かれます。

ギターの種類

  • アコースティックギター
  • クラシックギター
  • エレキギター
MEMO
正しくはクラシックギターはアコースティックギターの1種。…ですが、実際の店舗では別物として扱われることが多いので混乱しないよう分けて解説します。

この3分類の中でも更に細かく分類がありますが、それぞれの概要を解説していきましょう。

アコースティックギター

ギター本体の音を演奏に活用するギターのこと。通称アコギ。

少し前の世代だとフォークギターという名称で呼ばれていました。

 

スチール弦を用いて、POPSをはじめとした大衆音楽に活用されます。

あなたが日ごろ聞いているミュージシャンが使っているギターはアコースティックギターです。

エレキアコースティックギター

通称エレアコ。

アコースティックギターの内部に音を電気信号に変換できるピックアップを取り付けしたギターのこと。

 

アンプに繋いで音を増幅できるため、ライブではエレアコを使うことが一般的。

通常のアコースティックギターに後からピックアップを取り付けすることもできる。

【参考記事】アコースティックギター用のピックアップとは -ギターアイテム解説シリーズ-

12弦ギター

通常のギターは6弦だが、倍の12弦になっているギター。

通常の6弦に加えて、各弦のオクターブ上もしくはユニゾンとなる音の弦が追加されている。

 

基本は同じ音が鳴っているだけのようで、微妙なチューニングの違いが膨らみを出して豊かな響きになります。

12弦ギターにもエレアコ仕様のものが存在します。

クラシックギター

ガットやナイロン製の弦が張られている、ギターのこと。

ガットギターとも呼ばれています。

 

上記の画像のようにクラシックギターはヘッド部分が穴あきになっています。

ギターヘッド部分を見てアコースティックギターとの見分けをすることが多いです。

 

クラシックという名前が紛らわしいですが、J-POPでも頻繁に使用されています。

最近のアーティストでは藤原さくらさんがクラシックギターをメインに活用していますね。

他にもアコースティック楽曲のギターソロなどに使われることが多く、ギタリストだとアコースティックギターと併用して活用される方が多いです。

 

なお、クラシックギターにもピックアップ内蔵のエレアコモデルがあり、通称エレガットと呼ばれています。

エレキギター

エレクトリック・ギターのこと。

ピックアップを内蔵して音(振動)を電気信号に変換するギター。

 

エフェクターやアンプを使って音を作り込み、主にバンドサウンドに用いられます。

バンド活動をメインでする人はアコースティックギターよりエレキギターを買ったほうが良いでしょう。

ギターを買いに行く前に検討しておくこと

たけしゃん

いきなりお店いっても数が多すぎて混乱するので、これだけは先に検討しておくべき!ってポイントを解説します

事前に考えておこう

  • 演奏したいジャンル
  • ギターのサイズ
  • エレアコにするかどうか
  • 予算

演奏したいジャンル

J-POPなのか、クラシックなのか、ロックなのか…。

演奏したいジャンルを今一度思い返しましょう。

 

クラシックをやりたいならクラシックギターを買うべきですし、J-POPをやりたいならアコースティックギターを買うべき。

憧れているアーティストと同じようなギターを買うのも有効な手段です。

 

こだわりがなければアコースティックギターを買うのが無難で間違いないです。

ギターのサイズ

主にアコースティックギターのサイズは下記の3種類。

  • ミニギター
  • 000シリーズ
  • ドレッドノート

参考ですが、左がミニギター。右がドレッドノート。

000シリーズは上記ギター2本の中間サイズ。

低価格帯ギターだとドレッドノートかミニギターが主な選択肢です。

 

サイズ毎の特徴はザックリ書くと、こんな感じ。

  • ミニギター⇒音量が小さい。持ち運びが楽
  • 000シリーズ⇒音量は中程度、女性でも抱えやすい
  • ドレッドノート⇒音量は大きめ、サイズも大きい

最も一般的なのはドレッドノート。

ドレッドノートのサイズ感や音に慣れておくと、ライブハウスなどでギターを借りて弾くときに戸惑うこともありません。

 

対して自宅使いで便利なのはミニギター。

占有面積が少ないため、1人暮らしの部屋でも収まりやすく使いまわしも楽です。

【参考記事】初めて買うギターにミニギターを選ぶメリットと候補の製品を解説

エレアコにするかどうか

ライブハウスなどでギターを弾く場合、マイクでギターの音を拾うこともできますがエレアコを使うのが楽。

エレアコのほうが圧倒的に汎用性があって便利です。

 

ですが、エレアコに絞ると選択肢が減ります。

特に1~3万円くらいの価格帯でエレアコを買おうと思うと数個しかないので、ほぼ選べません。

自宅利用だけならエレアコである必要はないため、迷いどころです。

 

僕の過去を振り返って考えると、「最初に買うギターはエレアコである必要なし」です。

もちろん、「バンドで使う」「ライブハウスで使う予定が既にある」という人はエレアコを買ったほうが良いです。

 

これから自宅でギターを練習してみようという人はまずは1~3万円くらいのギターを買って、人前で演奏しようと思えるようになったら買い替えましょう。

人前で演奏しようと思える腕になるまで1~3年くらいはかかる人が多いです。

なので、2本目のギターを買う時に改めてエレアコにするべきか考えても遅くはありません。

【参考記事】最初からエレアコを買うべきか、後付けピックアップをつけるべきか

予算

ギターを初めて買う人の選択肢は大きく下記の2つです。

  • まずは安いギターを買ってみる
  • 最初から高いギターを買って覚悟を決める

この2つ。

どっちが良い…というのは明確にありません。

どっちの道を選んでも上手くなる人もいれば、挫折する人もいます。

 

ただ、僕がおすすめするのは「まずは安いギターを買ってみる」です。

高いギターを買うなら「自分がほれ込んだギター」を買うべきですが、これから始めてギターを買う人に惚れこむギターなど存在しないからです。

まずは安いギターで楽器自体を理解し、自分の好みを明確化した後に高いギターを選ぶことをおすすめします。

 

それでは、次章で具体的に価格別のギターの傾向やおすすめ機種を紹介していきます。

【参考記事】2本目のアコースティックギターを買う際の選び方

価格別の傾向とおすすめアコギの紹介

たけしゃん

価格帯別で商品傾向とおすすめアコギを紹介していきます!

それでは、初めてギターを買う人に向けて「価格帯別の商品傾向」と「価格帯別のおすすめアコギ」を紹介していきます。

本章では価格帯を5段階に別けて解説していきます。

価格帯の分け方

  1. 1~5万円
  2. 5~10万円
  3. 10~20万円
  4. 20~30万円
  5. 30万円以上

各価格帯で特色があるので、予算決めする参考情報としても役に立つでしょう。

1~5万円

初心者用ギターがメインの価格帯です。

品質が高くはないですが、初心者がギターを覚えるには十分です。

 

この価格帯では当たりギターはありませんが、外れは結構ありますので知らないメーカーは要注意。

「YAMAHA」「MORRIS」「S.Yairi」といった大手メーカーを選びましょう。

 

初心者セットも多く発売されています。

必要アイテムが全部入っているので、あれこれ考えずに済みます。

…がピンポイントで定番アイテムを買いそろえたほうが長い目でみるとコスパが良いです。

【参考記事】ギター初心者セットは本当にお得なのか?

【おすすめギター】S.Yairi YM-02

1万円以内で買えるミニギターS.Yairi YM-02

チープな音ですが、自宅で練習する分には十分です。

成長したら、新しいギターを買うつもりで1本目のギターとして購入しましょう。

 

ミニギターの強みは成長して良いギターを買った後も自宅で気軽に使えるサブギターとして活用できる点です。

まずは手軽なギターを買って初めてみたいという人に最適なギター。

小中学生のお子さん用に買うにもおすすめの製品です。

関連記事

YM-021万円で買えるミニギター S.Yairi YM-02がちゃんと使えるのかレビュー

【おすすめギター】YAMAHA FG830

初心者用ギターの定番メーカーYAMAHAからドレッドノート型ギターFG830です。

もう少し安めで2万円を切るFG600がありますが、僕は迷わずFG830を推します。

 

低価格帯ギターの中では抜群の演奏性と音質です。

YAMAHA FGシリーズはかなり昔から初心者用ギターの代表格に君臨しているイメージですが、試し弾きすると納得します。

 

このギターより品質を求めるなら、上の価格帯にいきましょう。

低価格帯では間違いない安心の1本です。

関連記事

初心者が最初に買うアコギに最適!YAMAHA(ヤマハ) FG830をレビューする

初心者が最初に買うアコギに最適!YAMAHA(ヤマハ) FG830をレビューする

【おすすめギター】YAMAHA L6シリーズ

ヤマハの人気モデル、Lシリーズのエントリークラスです。

5万円をギリギリ切る価格帯でライブで活用できる、希少なエレアコ。

 

5万円未満ではエレアコの選択肢が少なく、ライブなど実戦で実用的なものとなるとほとんどありません。

その中でヤマハ L6シリーズは生音もアンプを通した音も低価格とは思えないレベルでちゃんと鳴ってくれます。

低価格帯でエレアコがほしい人には最有力の1本としておすすめします。

 

なお、ピックアップはパッシブです。

楽器店でミニアンプにつないで弾いた分には出力に問題ありませんでした。

…がライブハウスや学園祭など大きめの会場で使うなら、プリアンプを別途買ったほうが無難です。

【参考記事】ギター用ピックアップのアクティブとパッシブの違いを解説する

 

L6シリーズにはスモールサイズの「LS6」と通常サイズの「LL6」があります。

フィンガーピッキング中心の方は「LS6」。

ジャカジャカ鳴らす方は「LL6」という判断で購入すれば、ほぼ間違いありません。

LS6 ARE

LL6 ARE

関連記事

YAMAHA LL6ARE5万円で買えるエレアコ YAMAHA(ヤマハ) LL6 AREをレビューする

5~10万円

初中級者向けの価格帯です。

この価格帯になると、TakamineやYAMAHAでプロ使用者がいるエレアコが登場しはじめます。

 

また、人気ミニギターの「リトルマーチン」「ベイビーテイラー」の2本が登場します。

リトルマーチンは昨今ではエド・シーランがメインギターとして使用していることで有名。

 

以前は中途半端で良いものが無い価格帯の印象でしたが、長い付き合いを想定して買っても問題ない商品が登場したことで熱い価格帯になりました。

【おすすめギター】Martin LX1

リトルマーチンことMartin LX1です。

5万円前後の価格帯で、しっかりとMartinの音がする優れものです。

 

初心者が初めて買うギターとして選べば、成長した後もずっとメインギターにすることも可能。

後々、高級ギターを買ってもお出かけ用兼自宅用サブギターにできます。

僕はメインギターはTaylorでセッションや自宅作曲用でリトルマーチンを使っています。

 

汎用性が高いので、初心者が始めて買うギターとしておすすめの1本です。

エレアコが欲しい方はLX1にピックアップを内蔵したLX1Eを買いましょう。

LX1(アコギ)

LX1E(エレアコ)

関連記事

使えるミニギター!リトルマーチンを解説し、Martin LXMをレビューする

リトルマーチン使えるミニギター!リトルマーチンを解説し、Martin LXMをレビューする

【おすすめギター】YAMAHA AC3M

YAMAHAのAシリーズより人気エレアコ、AC3Mです。

10万円未満の価格帯ですが、山崎あおいさんやたんこぶちんのMADOKAさんが使用しています。

 

音のバランスが良く、非常に弾きやすいギターです。

ピックアップにはYAMAHA独自のSRT(Studio Response Technology)というシステムを適用しています。

普通のピエゾと異なり、自然な空気間が足されてアコギらしい音になっています。

 

10万円未満で本格的なライブ、レコーディングに活用できるコスパが高いエレアコです。

関連記事

YAMAHA AC3Mプロ使用者も多い10万円以内で買えるエレアコ、YAMAHA(ヤマハ)AC3Mをレビューする

10~20万円

10万円を超えると、国内メーカーのメインどころに加え海外メーカーのエントリーが登場。

MartinやGibsonといった有名ブランドのギターも少しずつ登場します。

 

…がこの価格帯で狙うなら国内メーカーやTaylorのエントリーモデルあたりがおすすめ。

最初のギターとして買うには選択が難しい価格帯のため、5~10万円台を狙ったほうが賢明でもある。

【おすすめギター】K.YAIRI DY-18

K.YAIRIの代表機種、DYシリーズからDY-18です。

ギターに詳しい人なら何となく察しがつきそうですが、Martin Dシリーズのレプリカモデルです。

 

といっても価格帯はMartinより1ランク安く、でも音質は負けず劣らず…というお買い得ギター。

木材はMartin D-18同様にトップがスプルース、サイド&バッグがマホガニーです。

 

10万円台でここまで本格派のギターを探すのは難しいです。

K.YAIRIは永久保証でサポートに定評がある点もおすすめです。

MEMO
各種調整、消耗品の交換・修理、経年劣化や人災・天災などに起因する不具合等は有料修理です

20~30万円

20万円台に入るとMartin、Gibsonの上位モデル(新品)が登場します。

Gibson J-45などギターを弾かない人でも知っている有名製品も選択肢に入ってきます。

MEMO
20万円台で買えるJ-45は新品です。ヴィンテージものだと30~50万円程度します

 

思い切って高いギターを買って長く使いたい!

…という思いの方はこの価格帯で新品の有名ギターを買うのが良いでしょう。

 

中古を含め選択肢が最も豊富な価格帯になるので、「好きなミュージシャンが使っている」「この機種が欲しい」といった思入れがないと迷走します。気を付けましょう。

【おすすめギター】Taylor 314CE

アメリカではシェア率No.1メーカーであるTaylorで特に使用者が多い314CE

プロアーティストでは押尾コータローさんが使用されています。

 

エレアコとして非常に優秀なため、プロを目指しているアマチュアプレイヤーで使っている人が多い機種でもあります。

 

木材はトップにシトカ・スプルース、サイド&バッグはサペリ。

ピックアップはTaylor独自のES2と呼ばれる3つのセンサーで音を拾うタイプのものを適用しています。

 

生音はジャキっとした綺麗な音ですが正直、そこまで鳴りません。

しかし、エレアコとして使うと自然な鳴りでバランスも良く非常に聴きやすい仕様になっています。

 

ライブギターとしてエレアコ用途で使う人には20万円台ではベストチョイスになり得ます。

【おすすめギター】Gibson J-45(新品)

ギターを弾かない人でも知っているほどの知名度。Gibson J-45(2018)です。

2018年verはL.R. Baggs Element VTCが内蔵されており、エレアコ仕様になっています。

 

木材はトップがシトカスプルース、サイド&バッグがマホガニー。

Gibson特注の低中音域の力強さがあり、ジャキジャキしたストローク感を出すことができます。

有名ギターを買うとモチベーションも違うので、形から入りたいタイプの人にはおすすめの選択肢です。

 

なお、Gibsonと聞くとヴィンテージが欲しくなるのですが、取り扱いが繊細なので最初の1本目にはおすすめできません。

新品だと最初は音が固いですが、弾いていくうちに深みが増してきます。

長く付き合うと覚悟を決めて、新品を買いましょう。

30万円以上

30万円以上になるとMartin、Taylorのフラッグシップモデルやヴィンテージギターにも手が届きます。

プロの弾き語りアーティストが使用しているGibsonヴィンテージギターも30~50万円の価格帯が中心。

 

最初のギターで30万円以上を買うのであれば、一生ものにするくらいの覚悟が必要。

ギターをちゃんと知って2~3本目として買うのが望ましい価格帯なので、強いこだわりがなければ初めに手を出すのは止めておきましょう。

【おすすめギター】Martin D-28

Martinの中で最も有名かつスタンダードなギター、D-28

Gibson J-45と並んで、ザ・アコースティックギターと呼ばれる1本です。

プロの使用者も数えきれない程います。

 

トップがシトカスプルース、サイド&バッグはローズウッド。

Gibson J-45と比べると高音の伸びが強く、キラキラとした綺麗なサウンド。

POPSからソロギターまで何のジャンルでも使える優等生というイメージです。

【おすすめギター】Taylor 814ce

Taylorのフラッグシップモデル、814ceです。

僕のメインギターです。

 

木材はトップがシトカスプルース、サイド&バッグがローズウッドです。

音質的にはMartin D-28に近く、高音が伸びてキラキラしたサウンド。

特に高音の伸びが抜群で、ものすごく鳴ります。

 

ピックアップにはTaylor独自のES2が搭載されており、エレアコとしても非常に優秀。

僕も買ってから、今年で10年になりますが、814ceに不満はありません。

高いですが、10年以上使えることを考えればコスパは良いと言えます。

参考記事

長年使っているテイラー(Taylor) 814CEをレビュー。超万能な優等生!

アコギを初めて購入する際のまとめ

  • ギターにはアコースティックギター、クラシックギター、エレキギターがある
  • ギターを買いに行く前に方向性は決めていくべし
  • まずは安いギターを買って、成長したら買い替えするのがおすすめ

ぎたすけ

最初から良い音で練習したほうが成長早いから高い方が良いんじゃない?

たけしゃん

一理あるんだけどね。最初から自分の理想のギターに出会えはしないから大金出すのはなぁと思っちゃうんだよね

アコースティックギターを初めて買う人に向けた解説記事でした!

弾き語りすとLABOとしては…。

  1. 入門用ギターを買う
  2. 入門用ギターを弾き倒す
  3. 入門用ギターに感じた不満を解消できるギターを買う

…という順番で最初のギターにお金をあまり出さずに2本目に買うギターに思い切りお金を出すことをおすすめします。

もちろん、お金に余裕があれば最初に良いギターを買って、次にまた良いギターを買うのがベスト。

 

最初から良いギターを買っても、一生懸命練習して上手くなると必ず2本目が欲しくなります。

なので、お金が潤沢にあるわけでもなければ計画的に予算を組みましょう。

 

最後に今回紹介したギターの中で、初めて買うアコギとしておすすめする商品を改めてご紹介。

初めて買うギターであれば安いなりに品質が安定しているYAMAHA FG830がおすすめ。

最初からエレアコが欲しい人はミニギターであるMartin LX1Eが良いでしょう。

 

まずは気負わずに軽い気持ちで始めてみましょう。

弾き語りすとへの第一歩はギターを買うことから始まります。

あなたが良いギターライフを送れることを祈ってます!

おすすめの関連記事

【まとめ】おすすめのアコギ周辺機器・アクセサリーをまとめて紹介する